名前が決められない!!

Pocket of time

スキマ時間を埋めたいブログ

未だに和式トイレが存在する理由。

f:id:height175:20190313165329p:plain

洋式トイレと和式トイレ、どっちが好きですか?

トイレに好き嫌いがあるのも何だかおかしな気もしますが、僕は断然洋式トイレの方が好きです。笑
なんなら、和式トイレの存在意義が分かりません。


こういう風に思う人って多数派なんじゃないかと思います。
でも、未だに駅のトイレや公共のトイレには和式トイレが多くないですか?


和式と洋式の割合が半々ならまだ良いんですよ、でも個室のトイレが5個あったら、4つ和式で1つだけ洋式なんてのも少なくないんです。
なんでその割合にした?和式トイレ大好きかよ。


なんで今だに和式トイレがあるんだろう?と考えた時に、やっぱり需要があるからなんだろうという結論に達しました。
なので、和式トイレ派の気持ちになって、和式トイレの存在意義を考えてみました。


便器に触れないで済む

定期的に掃除しているとはいえ、毎日たくさんの人が使っているので便器には見えない汚れがたっぷりついています。洋式トイレだとその便器に触れる事になるので汚いといえば汚いです。
しかし、和式トイレなら便器に触れることなく済ませることが出来ます。

これは和式トイレの最大のメリットと言えるのではないでしょうか?



ただ、最近は洋式トイレでもアルコールでプシュッってやるやつが付いていて、それをトイレットペーパーにつけることで便器を拭くことができるようになっている個室が増えているので、この和式トイレのメリットは薄れているかもしれませんが。。。


筋肉が鍛えられる

和式トイレといえば、するときはかなり深くまで腰を落とさなければならないのでちょっと疲れるんですよね。

ただ逆に言えば、腹筋や股関節周りの筋肉がそこそこ鍛えられるということです。
めちゃめちゃ深くまで下げるスクワットみたいな。笑
毎日和式トイレを使っている人は、それだけで毎日腹筋や股関節周りの筋トレをしているのと同義と言っても過言ではありません。

特に運動不足であろう社会人などには、この効果は大きいのではないでしょうか!


コストが低い

洋式に比べて和式は見るからに便器の体積が少ないので、その分材料費や設置費が安くなると思われます。
設置側からしたら、コストが高いものよりは低いものの方がいいに決まっています。

さらに、今ある和式トイレを洋式トイレにリフォームするのにもお金がかかる為、和式トイレが未だに存在しているのでしょう。
和式トイレでもトイレとしての機能は十分あるので、急いで洋式にしなければならない程のこととは考えていないんです。


掃除が楽そう

和式トイレを掃除したことはないですが、洋式に比べて掃除する面積が少ないので簡単に掃除が出来ます。
床を掃除した後も、便器が床に埋められている形なのでそのまま流すことも出来ちゃいます。(詰まっちゃうような大きいものは無理ですが)


と、まぁ頑張って和式トイレの存在意義を考えてみましたが、こんなもんでしょうか。
考えたら意外とメリットもありましたね。笑

でも、やっぱり和式は疲れるし、汚いイメージがあるし、落ち着けないので僕は洋式トイレがいいです。


他のおすすめ記事はこちら!!
www.penguin0327.com
www.penguin0327.com